2014年3月30日 (日)

ヒート・アイランド現象

これらの原因でヒート・アイランド現象が起きるとされています。これは都会に住む人々の健康に関わる重大な問題になっています

ヒート・アイランド現象

他にもヒート・アイランド現象の起きる原因として、コンクリートやアスファルトの地面が多くて緑が少ないことも関係しています。
緑が多くある地域では水分が蒸発するのに伴い、昼の間に地面に溜まった熱を下げることができます。
けれどコンクリートやアスファルトでは、熱をそのまま空気中に放出してしまうことになります

2014年2月28日 (金)

ロハス建材

簡単な所から言ったら部屋を出る30分前には消してしまって余熱で温まっておくと言うのが簡単な節電対策になるのではないでしょうか

ロハス建材

節電対策でエアコンを使わないと言う人もいるでしょうが、氷点下にならない位の地域に住んでいる人の場合は、エアコンの方がガスや灯油ストーブと比べて光熱費が随分と安くなると言う事もあるそうです。またこたつや電気カーペット等も併用させる事でエアコンの設定温度が低くても充分に温まる事が出来ますので、上手に併用させていきましょう。また節電対策としてはずっと点けっぱなしにするのではなくて、暖房を使用する時間を短くすると言う事も大切になります

2014年2月20日 (木)

精子の減少

これによって人体に様々な異常が発生すると考えられています。例えば生殖器においては乳がんや卵巣がん、精子の減少、性的な異常行動などです

環境ホルモン

地球問題の一つに「環境ホルモン」があります。これは地球温暖化に伴って発生したものだと言われていますが、そもそも「環境ホルモン」とはどういうものなのでしょうか。

環境ホルモンについての研究が始まったのは、1980年ごろからです。そもそも「環境ホルモン」とは正式名称ではありません。
環境ホルモンとは、人間の体の中に元々ある正常なホルモンを破壊してしまう物質のことを指します。

2014年2月10日 (月)

植生、野生動植物、地形地質

調査項目は、植生、野生動植物、地形地質、陸水域、海域、生態系など多岐にわたっている。調査成果は報告書、地図等の形で公表されるほか、生物多様性センターのホームページからもアクセス可能。

ロハス建材

自然環境保全(1972)に基づき、環境省(旧環境庁)が実施する日本の自然環境全般に関する調査。自然環境保全施策を科学的・客観的アプローチから推進するための基礎資料を得ることが主な目的。概ね5年ごとに調査を行い、自然環境の現状と時系列変化を捉えることも目指していることから「緑の国勢調査」とも言われている

2014年2月 6日 (木)

在来タンポポ

総苞片(蕾の段階で花を包んでいた部分。内側にあるのを内総苞片、外側にあるのを外総苞片という。)が開花時に反り返ることで在来タンポポと容易に識別できること、また、外来タンポポが市街地など人為的改変の著しい土地に多く、一方、在来タンポポは田園地域など自然環境が良好に保たれている土地に多いという分布特性から、環境指標種とされてきた。ところが近年、形態上はほぼ外来タンポポと区別のつかない在来タンポポとの雑種が報告され、問題視されている

ロハス建材

セイヨウタンポポやアカミタンポポなど、国外から入ってきて日本に帰化したタンポポをさす。帰化タンポポといわれることもある。キク科の多年草。関東以西では、ほぼ周年開花し、単為生殖(受精が行われなくても種子ができる)で結実して繁殖する。頭花は200あまりの小花からなる。種子生産量は在来タンポポの約100と比べて多い

«ADR条項をあらかじめ

無料ブログはココログ